Kawanet Blog II

アクセスカウンタ

zoom RSS [YAPC] YAPC::Asia 2006主なセッション

<<   作成日時 : 2006/03/31 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★2006年3月29日(1日目)


●Pugs (Audrey Tang/Intoroduction to Pugs)

・「ふざけたおもちゃのインタプリタ」ではなくて「おもちゃ」。
・Pugsは、『車輪の再発明をせずに、乗り物を発明している』
 "Keeping the wheels but reinventing the vehicle!"

●Module::Compile (Ingy dot Net/Module::Compile)

・Makefile.PL では use inc::Module::Install を使おう。

●Mixi (Batara Kesuma/mixi.jp Changelog)

・会員数10万人でテーブルごとにDBサーバを分割した
・会員数40万人でユーザIDグループごとにテーブルを分割した

●Module::Starter (Damian Conway/Perl Best Practices)

・h2xs でなく、Module::Starter を使おう

★2006年3月30日(2日目)


●Blog spams (Tatsuhiko Miyagawa/Fighting with Blog spams)

・Trackback Spam
・Comment Spam
・Splogs (Spam Blogs)

●Kwiki (Kang-min Liu/Kwiki-Kwiki)

別ページ参照⇒ http://kawa.at.webry.info/200603/article_12.html

●XS (Daisuke Maki/Getting Your Feet Wet With XS)

・XS を作るには、Module::Build が便利
・数値を2倍にするだけのXSサンプル(チュートリアル)
http://users.endeworks.jp/~daisuke/perl/
http://users.endeworks.jp/~daisuke/perl/PerlXS-Turotial-0.01.tar.gz
・ただし、Devel::PPPort というモジュールに含まれる ppport.h というファイルが
 ないとコンパイルできないので、lib/PerlXS にコピーしてあげる必要がありました。
・まだ t/*.t のテストスクリプトがパッケージに含まれていないです。(MANIFEST忘れ?)
 牧さんによると、追って更新してくれるそうです。

●Hatena::Bookmark (Naoya Ito/Inside Hatena::Bookmark's Backend)

・利用帯域 700KBytes/sec
・Senna/Subversion を使ってます
・負荷分散には mod_proxy_balancer が便利。高価な専用ハードウェアは不要。
・Bots(Yahoo Slurp、Googlebot、Bloglines)対策としては、
 ユーザがアクセスするアプリケーションサーバ(mod_perl)と、
 ボットがアクセスするアプリケーションサーバを分離して対応した。
 Bots のレスポンスが少しくらい遅くなっても、誰も文句言わない。

公式サイトのスライド一覧(仮?)はコチラ
http://tokyo.yapcasia.org/wiki/?SlidesList

Larry Wall基調講演


・Larry Wall のノートPC は、800MHz 動作だった。(遅)
 OS は、Fedora Core release 5。マシン名は york だった。
 調子が悪くて、Audrey の Mac に切り替えてプレゼンをした。
・タイトルは「Perl4→Perl5→Perl6 駱駝、落第、楽だ」かな。
・言語学+常識+コンピュータサイエンス+美術→Perl
・ビデオキャストないのかな。途中から撮影したのでビデオ載せたいな。


(2010.08.28 追記)
今ごろですが、年の表記が間違っていたので修正しました。_o_

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[YAPC] YAPC::Asia 2006主なセッション Kawanet Blog II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる