Kawanet Blog II

アクセスカウンタ

zoom RSS Google『開発者の方々とのラウンドテーブル』に行ってきました

<<   作成日時 : 2007/09/13 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月某日、渋谷の Google オフィスで開催された座談会に参加してきました。
今回のテーマは「iGoogle と Google ガジェット」でした。
その日の模様が Google Japan Blog で公開されているので、ご覧ください。
(今回は、ブログ掲載1回目。この後、何回かに分けて掲載が続くそうです)


これまで、パーソナライズド・ポータルが来るッ!と言い続けていたのですが、
なかなかどうして、広く一般ユーザが使うような状態にまで花開きません。
ところが、ユーザがもたもたしている間に Google Universal Gadget は
着実に進化を遂げ、非常に強力なプラットフォームに進化していました!

先日の XDev(クロスデブ)でも少しご紹介 しましたが、
なんとも涎の出るような機能が目白押しなのです。


Google Universal Gadget

  1. UserPref + _IG_Prefs() でガジェットごとの設定情報を保存可能
    datatype=“hidden” とすれば、テキストストレージとしても利用可能
  2. _IG_GetCachedUrl() など Google がコンテンツキャッシュシステムを提供
    ガジェット提供者(外部サービス側)のサーバインフラ負荷を軽減
  3. ローカル iGoogle 画面内のガジェット間の相互通信に対応 (pubsub)
    on_change イベントでコールバック関数を呼び出し (リモートP2P通信は未対応)
  4. _IG_FetchFeedAsJSON() メソッドは、RSS/Atom を JSON 形式に変換
    RSS/Atom 各バージョン間のフォーマット非互換性を吸収
  5. Google Gadgets Editor でカンタンにコードを作成・公開
    Google Code / Google Page Creator でホスティングサービスも提供
  6. 標準化されたガジェット設定画面・共有機構・ユーザインターフェース
    『このガジェットを共有』=友達に教える機能
    『このガジェットについて』=ヘルプ機能、コメント掲示板機能
  7. Google Analytics アクセス解析、Google AdSense 広告掲載、
    Google Checkout 小額決済も可能など、Google の他サービスと連携可能
  8. 米国 Mesa Dynamics 社の Amnesty Generator を使えば、ガジェットを
    Windows Vista サイドバーや Mac OS X ダッシュボード用に変換可能

このほかで足りない気がする機能は、異なる PC 間の P2P 通信くらい?
楽しそうでしょ!?

しかし、Google は、社内で複数の選択可能な代替技術を持っているのが、強いですね…。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google『開発者の方々とのラウンドテーブル』に行ってきました Kawanet Blog II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる