Kawanet Blog II

アクセスカウンタ

help RSS tripadvisor+expedia 海外ホテル検索・予約の最強タッグ

<<   作成日時 : 2009/01/12 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

パッケージ・ツアーを使わずに、個人で海外旅行や出張するときは、宿探しに
HotelClub(ホテルクラブ)Priceline(プライスライン) を使ってきました。
直接ホテルのウェブサイトで予約したり、日本の旅行代理店に依頼するよりも安く、宿を予約できます。

今回のインド旅行の宿探しでは、2008年10月に日本進出した TripAdvisor(トリップアドバイザー)
最近広告を見ることが多くなった Expedia(エクスペディア)を使いました。(2宿で利用)


まず、TripAdvisor(トリップアドバイザー)でホテルを選びました。

TripAdvisor には、かなりマイナーなホテルでも複数投稿があり、
グローバル展開で世界から集まる圧倒的な量のクチコミ情報が魅力。
ネガティブなコメントには、ホテル側からの返信が入る場合もある。
多くの投稿は英語ですが、それほど難しい内容ではありません。

キャンペーン などで、日本語の投稿も少しずつ増えている模様。
元祖・旅行クチコミ本である 地球の歩き方 も、もちろん愛読していますが、
世界中の旅行者から集まる情報量とスピードには適わないですね。

TripAdvisor のもう1つの魅力は、バーティカルサーチ機能。
ホテルが決まったら、各予約サイトを串刺しにした価格比較が可能です。
予約サイトによって、若干、客室やプランが異なる場合があるので、
一番、条件の良いサイトを選んで、予約ができます。
とはいえ、実際には Expedia↓が一番安い価格を提示することが
多かったように思います。


Expedia(エクスペディア)では、ホテルの予約をしました。

日本のサイトでは円建て、米国のサイトではドル建ての決裁となります。
宿泊料だけでなく税金なども含めて、クレジットカードで事前に一括支払いを
済ませられるので、現地で面倒な精算が発生しません。
(もちろん、現地で利用したルームサービスや通話は現地払いになる)

家電量販店みたいな 海外ホテル最低価格保証サービス も安心。
確かに他サイトよりも安いので、他サイトを巡回する面倒がないのは気楽です。
Expedia は、リクルートの AB-ROAD の海外ホテル予約サイトとしても採用されています。
(ただし AB-ROAD の画面は、選択可能な都市数が限られるみたい…)


TripAdvisor は、旅行マップ(Travel Map) が作れるのも楽しい。
 
TripAdvisor・Expedia どちらも、グローバル展開による情報量・ラインナップが強みですね。
やっぱり国内だけをターゲットにしていたら、もう難しいわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強になりました。
ありがとうございます。
Ken
2009/01/23 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
tripadvisor+expedia 海外ホテル検索・予約の最強タッグ Kawanet Blog II/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]