Kawanet Blog II

アクセスカウンタ

zoom RSS LiveChromaKey - 『マイノリティレポート』みたいに画像が浮く AR デモ

<<   作成日時 : 2009/05/23 02:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の日曜日に作り始めて、前回のポスト LiveChromaKey(ライブクロマキー)Flash でブルーバック不要なクロマキー合成 で紹介した ActionScript を他からも使いやすいようにライブラリ化しました。
ソースコードを Spark project 上で公開したので、改めてご紹介します。

デモその2:背景に画像が流れるデモ

ソースコードはこちら:
http://www.libspark.org/svn/as3/LiveChromaKey/trunk/

実行にはウェブカメラが必要です。マーカー印刷・ブルーバックは不要です。
起動すると、まず背景認識処理が始まるので、ウェブカメラのアングルに
自分の体が写り込まない画面の脇に隠れて、2〜3秒間程度お待ち下さい。
画面内で何かが動いていると、背景認識処理が終わらないのでご注意下さい。

左上に (running) と表示されたら準備完了。
自分の背景に画像が漂う映像表現を楽しめるデモです。

実際にはまだ、画像が前景(人物)と背景の間に流れる画像合成処理だけ実装しています。
もちろん、人物の手前に画像を表示することも可能です。
映画 「マイノリティレポート」 みたいに 指先の操作を認識する ような処理はまだできていません。w


(続きの記事)
LiveChromaKey の使い方(4つのスプライト)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LiveChromaKey - 『マイノリティレポート』みたいに画像が浮く AR デモ Kawanet Blog II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる