CSV ファイルを用いた ajax

クロスブラウザ対応の ajax 通信処理ライブラリ JKL.ParseXML で、
XML 形式だけでなく、JSON 形式や CSV 形式ファイルにも対応してみました。

  var http = new JKL.ParseXML.CSV( "ken_all.csv" );
  var data = http.parse();
  alert( "pref: "+data[0][6] );

のようなソースで、 CSV ファイルを利用した ajax が可能になります。
CSV ファイルの内容は、2次元配列として取り出せます。
↑では、1行目の都道府県名(7列目)を表示しています。

<サブクラス>
CSV ファイルの他、plain text などの取り出しも可能になりました。
IE 6/Firefox 1.0/Opera 8.5 で動作確認しています。

追加公開したサブクラス:
 ・JKL.ParseXML.Text  - テキストファイルの受信
 ・JKL.ParseXML.JSON  - JSON 形式ファイルの受信
 ・JKL.ParseXML.CSV  - CSV 形式ファイルの受信(2次元配列)
 ・JKL.ParseXML.CSVmap - CSV 形式ファイルの受信(タイトル行付)
 ・JKL.ParseXML.DOM  - 自前で DOM 操作を行いたい場合

<用途は・・・?>
XML の受信ができれば、RSS とかの用途がスグに出てきますが、
CSV の受信では、実のところあんまり用途が思いつきません。
昔は DHTML で『データバインド』なんてのもあったけど……?
何かあったら教えてください。

エクセルで作成した CSV 形式ファイルをそのまま使えるので
何かデータの表示とか、簡易的な設定ファイル読込みとか?
サーバ(CGI)側から見れば、XML はおろか JSON よりも CSV の方が
生成処理が簡単そうだ。既存のプログラムを利用しやすいか?

<文字化け防止>
なお、CSV ファイルの文字コードに Shift_JIS を利用する場合は、
サーバ側で .htaccess を設定すれば、文字化けしなくなります。
  AddType text/plain;charset=Shift_JIS .csv
たぶん、CSV ファイル以外でも同じ手順でできそうです。
UTF-8 の CSV ファイルは、日本国内ではあまり使われてなさそう。

http://www.kawa.net/works/js/jkl/parsexml.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

m
2008年03月23日 00:15
csvでJavascriptでデータベース作っちゃえばバックアップも移動もデスト、インターネットとドコでも使用できてエグイのでは?

この記事へのトラックバック