[Shibuya.JS] テクニカルトーク #1の写真と資料

御茶ノ水のデジハリにて、Shibuya.JS テクニカルトーク #1 を開催しました。
川崎もスタッフの一員として参加+LT発表させてもらいました。
長山さんも書かれてたように、まだまだイベントとして課題もありますが、
約100名もの方々にご来場いただけて、盛況でした。ありがとうございました!

   

   

   

   


ライトニングトークでアニメーションエフェクトとJSANとして発表させてもらいました。
画面上部の << ・ >> をクリックするとページ移動になります。
Power Point 禁止令が出ていたので、プレゼン資料はHTML+CSS+JavaScriptです。
発表の前の晩に Photoshop で Keynote 風のグラデーションを作ってみた。w

<時間がなくて飛ばしてしまったスライド
  * JSAN.js 自体はメリット大きくない。
    不安定で、負荷ありそうな動的ローディング…。
  * JSAN サイトで、既存のライブラリを探しにくい。
    検索機能が重すぎる。
  * インストールにCPANのような標準手順がない。
    .tar.gz のアーカイブなんか開きたくない。
  * パッケージなど、CPAN 形式を踏襲しているため、
    Perl な人以外には分かりにくい。
  * 英語サイトしかない!!
    日本語での解説ページがとても少ない

終了後の懇親会で miyagawa さんには「せっかくオープンソースなんだから、
足りない点は自分で作ってしまえばいい」という意味のことを言われた。
CPAN最速検索のJSAN版とか、欲しいですよね。
JSANではライブラリのインデックスがindex.yamlindex.sqliteとして
公開されているので作ろうと思えば、誰でも作れる環境は提供されている。


<余談>
第1回のイベントが無事に終わった今だから書ける話だけど、
Shibuya.js という名前はもちろん Shibuya.pm の真似であって、
JavaScript という言語名を Java から借りてきたように、
イベント名については Perl から借りてきたというわけです。
御茶ノ水で開催したのに、なぜ渋谷?という疑問を持った人もいた?
名前というのはとても大事で、「はてな」がこの会社名でなければ、
今のはてなはあり得なかったということを、周知できてないのかな?
とはいえ、JavaScript がこれまで10年間辛酸を舐め続けつつも
ようやく今になって花を開いてきたように、Shibuya.js もだんだんと
成長して Shibuya.pm 本家のような成熟度に達してくれればと期待!
ぜひ第2回もやりたいですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

beginner
2006年04月17日 13:11
おぉ、そんなものが開催されていたなんて知らなかった。。。
参加したかったなぁ

この記事へのトラックバック

  • Perl の jsan コマンド

    Excerpt: [http://kawa.at.webry.info/200604/article_5.html:title=こちら]に、 * インストールにCPANのような標準手順がない。 .ta.. Weblog: Practice of Programming racked: 2006-04-18 21:19
  • [JSAN] JavaScriptライブラリ検索 - JSAN Search

    Excerpt: JSANに登録されている JavaScript ライブラリの検索ページを作りました。 http://www.kawa.net/service/jsan/search/   シンプルに、Libra.. Weblog: ゆうすけブログ racked: 2006-05-02 08:07