[coLinux] パーティションを追加する手順メモ

coLinux を使っていると、初期状態ではスグにディスクが足りなくなります。
Windows 側のディスク容量が大量にあるので、coLinux 側にパーティションを追加したい。
ここでは、Windows の C:\coLinux\pgdata.ext3 ファイルを作成して、
coLinux 側の /pgdata 用のパーティションとしてマウントしてみます。

約1GBのパーティションを作成する場合は、まず1GBの空のファイルを作成します。
Windows のコマンドで以下を実行します。(1,000,000,000≒1GB)
C:\> fsutil file createnew C:\coLinux\pgdata.ext3 1000000000

次に、config.xmlを書き換えます。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<colinux>
    <block_device index="0" path="\DosDevices\C:\coLinux\debian.ext3" enabled="true" />
    <block_device index="1" path="\DosDevices\C:\coLinux\512mb.swap" enabled="true" />
    <block_device index="2" path="\DosDevices\C:\coLinux\pgdata.ext3" enabled="true" />
    <cofs_device index="0" path="\DosDevices\C:\coLinux\windows" type="flat" enabled="true" />
    <bootparams>root=/dev/cobd0</bootparams>
    <initrd path="initrd.gz" />
    <image path="vmlinux" />
    <memory size="512" />
    <network index="0" type="tap" />
</colinux>

ちなみに、↑cofs_deviceの行は coLinux から Windows のパーティションを直接見る設定。
ただし、アクセス速度は遅いので、データのインポート用に使う程度が良さそうです。

次に、coLinux を起動します。coLinux を Windows XP のサービスに登録してある場合は、
↓の「サービス」の画面から「Cooperative Linux」のサービスを再起動します。
C:\> services.msc

coLinux が起動したら、ログインしてファイルシステムを初期化します。
root# mkfs.ext3 /dev/cobd2
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
1251712 inodes, 2500000 blocks
125000 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2562719744
77 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16256 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632

Writing inode tables: done ⇒結構時間がかかる
Creating journal (32768 blocks): done ⇒結構時間がかかる
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 27 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.

初期化が終わったら、vi などで /etc/fstab を編集します。
追加するのは、cobd2 の1行だけです。それ以外の行は書き換えません。
/dev/cobd0      /               ext3    errors=remount-ro       0       1
proc            /proc           proc    defaults                0       0
tmpfs           /dev/shm        tmpfs   defaults                0       0
/dev/cobd1      swap            swap    defaults                0       1
cofs0:          /htdocs         cofs    rw,uid=u-suke,gid=u-suke,fmask=0777,dmask=0777  1
/dev/cobd2      /pgdata         ext3    defaults                0       1

fstab の編集が終わったら、マウントして完了です。
root# mkdir /pgdata
root# mount /pgdata
root# df -k

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック