プロキシーサーバのキャッシュを回避するHTTPヘッダ

DeleGate・Squid などのプロキシーサーバは、昔ほどは利用されなくなってきたけど、
まだ企業や大学によってはネットワーク帯域の節約(やコンテンツ監視のため?)に
活用されています。

サーバ側としても、コンテンツをキャッシュしてくれるのはありがたい。
でも、Cookie でユーザ情報をセッション管理している場合などは、キャッシュのために
期待と違うコンテンツがブラウザ上に表示されてしまう危険性がある。

そこで、キャッシュを抑制・禁止する HTTP レスポンス・ヘッダの例:
Pragma: no-cache
Vary: *
Cache-Control: no-cache, private, must-revalidate
Expires: Sun, 29 Apr 2007 12:34:56 GMT

でも↑だとプロキシーサーバに限らず、ブラウザのキャッシュも抑制されてしまうかも?
Vary: *
Cache-Control: private
とすれば、プロキシーしか気にしない?
ちゃんと処理してくれる、行儀の良いプロキシーサーバだけだと良いのだけど。
(結論ナシ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック