[訪] 嵯峨嵐山/小倉百人一首の殿堂“時雨殿”(しぐれでん)

etoさんもオススメ の時雨殿へ。
百人一首をテーマにした施設で、任天堂の技術支援で2006年1月27日にオープン。
"小倉百人一首文化財団"の理事長でもある、任天堂の山内さんの出資らしい。

「小倉百人一首」が撰ばれた「小倉山」の近くに位置している。
京福本線(嵐電=らんでん)嵐山駅から歩いて10分弱。
JR嵯峨野線の嵯峨嵐山駅からも、まぁ歩ける距離です。

【時雨殿】
* 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11 [地図]
* 075-882-1111
http://www.doko.jp/search/shop/sc70131509/
http://www.shigureden.com/


建物は2F建て。1Fがメインで、ニンテンドーDSを使った「時雨殿なび」を
使ったゲームや、「体感カルタ五番勝負」などで遊べる。


1Fの「ニンテンドーフロアビジョン」は70枚敷き詰められている。
70枚だと百人一首の全カードを表示するには足りないが、天皇の絵を踏んで
ゲームするのは畏れ多いので、一部のカードは登場しない仕組みらしい。
残りの登場カードはランダムで、重複ないようにうまく調整されている模様。

2Fは120畳の大広間で、かるた大会なども開かれているらしい。
普段はただの展示のみで。任天堂製の古い百人一首などもガラス越しに見れる。
入館料は800円。1Fだけ楽しむと考えると、ちょっと高いかもしれないけど、
任天堂らしい丁寧な博物館なので、一度は行ってみる価値あり。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック