コンスタンツ⇒チューリッヒ⇒ツェルマット(スイス鉄道の旅)

ドイツ・コンスタンツからスイスに入り、チューリッヒ経由でツェルマットまで
電車で移動しました。ツェルマットへ行くには、氷河急行に乗るのが有名ですが、
チューリッヒからの所要時間は、ベルン経由の経路の方が速かったりします。
スイスは鉄道網が発達していて、英語表記もしっかり整備されているので、
個人旅行者にとってもとても旅行しやすく、ありがたいです。


今回の起点は、ドイツ・コンスタンツ Konstanz です。
向かいのプラットフォームのうち、手前(左側)がスイス SBB 側のコンスタンツ駅、
奥(右側)がドイツ DB 側のコンスタンツ駅です。
隣り合ってますが、一応、柵があって、行き来するにはパスポートチェックが必要。
ドイツ国内からスイスに入る場合は、恐らく、電車を降りずに済むんだと思う。


コンスタンツで乗ったビール/ビエンヌ Biel/Bienne 行のインターシティ IC(特急)。
Biel はドイツ語、Bienne はフランス語で、「Biel/Bienne」が都市の正式名らしい。
出発間直で、親父さんとおばさんがお別れのキスをしてるのもオツ。


チューリッヒ中央駅 Zurich HB に着きました。
乗り換えは不要だけど、スイッチバックで少し時間がかかるので構内を撮影。
チューリッヒからツェルマットへ行く方は、ここからスタートしますね。

どの駅でも大抵、キオスク kiosk があって便利ですが、どれもとても高い。
ミネラルウォーターの 500ml ペットボトルが 300~400 円もするのには、
閉口します。MIGROS を見つけないと辛い。


今回は、途中のオルテン Olten で乗り換え。
チューリッヒ出発なら、ベルン Bern 乗り換えが多いかと思います。


インターシティはブリーグ(ブリーク)Brig 止まり。
ちょうど、ブリーグの駅前でマーケットが開かれていました。
せっかくなので地元の農家?の手作りチーズを買ってみたんですが、
こうちょっと寄り道できるのも、個人旅行の醍醐味ですねぇ~。


ブリーグからは、マッターホルン・ゴッタルド鉄道 MGB (Matterhorn Gottard Bahn) に乗り換えます。
この先は、氷河急行でも各駅停車でも所要時間は10分くらいしか変わりません。
景色も一緒なので、各駅停車で行きます。紅葉もキレイ。


ラック式鉄道のゆったりとした速度で、しっかりと急坂を登っていきます。
景色が最高! 飽きさせません。


途中の St. Niklaus 駅。こんなかわいい駅が出てきます。


ついにツェルマット Zermatt に到着!


ツェルマットのメインストリート。
バーンホフ通り Bahnhofstrasse には土産物屋さんが並んでいます。
もうちょっと歩くと、マッターホルン Matterhorn も見えますよ!
安くて美味しいレストラン Cafe Du Pont(カフェ・デュポン) もオススメです。

⇒その他の旅行写真は こちら を参照してください♪

きっぷについて


今回は、国境駅のコンスタンツ起点だったので、スイスカードを使いました。
スイスカードは、国境駅から目的地の駅までの往復きっぷ。
1ヶ月間有効。最短経路を利用する必要がある。
ツェルマットから先の登山鉄道やロープウェイも半額になるので、おトクです。

使い方は、まず、起点となる国境駅でパスポートを提示してスタンプを
押してもらい、出発地と開始日を記入してもらう。
駅員さんに見せたり、スタンプを押してもらうのは、この1回だけ。
あとは、検札時にスイスカードを提示する以外に特にチェックはないし、
きっぷ上に目的地も書かれないので、実際のところ、1ヶ月間どれだけでも
使えてしまう気がする。(ルール違反なので、やってはいけません)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック