[Perl] Debian (lenny) Perl 5.005・5.6.2 インストール失敗

ノート PC のネットワークの設定をいろいろと変更していたら、
coLinux からの接続がうまくいかなくなってしまったので、
VMware を入れて Debian(lenny)の設定をやっています。

Debian のデフォルトの Perl 5.8.8 に加えて、
開発している Perl モジュールの動作確認用として
Perl 5.005、5.6.2、5.8.8 をソースからインストールしています。

lenny では、Perl 5.005・5.6.2 がインストールできず、途中で詰ったのでメモ。

$ wget http://ring.ocn.ad.jp/pub/lang/perl/CPAN/src/5.0/perl5.005_04.tar.gz
$ tar zxvf perl5.005_04.tar.gz
$ cd perl5.005_04
$ ./Configure -Dprefix=/usr/local/perl-5.005 -ds && make

$ wget http://ring.ocn.ad.jp/pub/lang/perl/CPAN/src/perl-5.6.2.tar.gz
$ tar zxvf perl-5.6.2.tar.gz
$ cd perl-5.6.2
$ ./Configure -Dprefix=/usr/local/perl-5.6.2 -ds && make

と、ここまではいつもの手順ですが、どちらも make 中にコケます。

make: *** No rule to make target `', needed by `miniperlmain.o'. Stop.

というエラーメッセージが表示されます。
環境により、makedepend.SH の <command-line> の部分が異なるようです。

    $sed \
      -e '1d' \
      -e '/^#.*/d' \
      -e '/^#.*/d' \
      -e '/^#.*/d' \
      -e '/^#.*/d' \
      -e '/^#.*/d' \

makedepend.SH の 130 行目あたりで、↑の最後<command-line> の行を追加したら、再び

$ make depend && make
$ sudo make install

を実行。今度はちゃんと、無事にインストールできました。

Perl 5.005は 1998年に登場して、最後の 5.005_04 でももう4年近く前にリリースされた
ソフトですから、それから環境も大きく変わり、いろいろあったのかなとしみじみ。

さすがに Perl 5.005 の環境はだいぶ減ってきたと思うので、開発している
各モジュールでいつまで 5.005 のサポートを続けるのか悩みどころですが
手元のマシンで 5.005 環境をインストール出来て、対応工数も大きな
負荷なくできる範囲では、できるだけ、やっていきたいと思っています。
utf8 フラグとか、5.8.x 専用にした方が仕様がシンプルになるんだけど。。。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック