Google Language API が自動翻訳に対応している言語の一覧を取得する方法

S6 に自動翻訳機能を付加 したりと、Google Language API を愛用してるわけですが、
Google が提供している API の数をカウントする方法 に続けて、
Google Language API に対応している言語の一覧を取得する方法のご紹介。
正確には、Google 翻訳(Google Translate) が対応している言語の一覧です。
 
取得手順は、以下のワンライナーを実行するだけです。
拙作 HTML::TagParser モジュールが必要です。(予め CPAN からインストール)

perl -MHTML::TagParser -e '%hash = map { $_->getAttribute("value"), $_->innerText() }
HTML::TagParser->new( "http://translate.google.com/translate_t?hl=ja&oe=UTF-8" )
->getElementsByTagName( "option" ); delete $hash{auto}; print $_, "\t", $hash{$_}, "\n"
foreach sort keys %hash;'

以下のような対応言語の一覧が出力されます。
hl=ja の部分を変えれば、他の言語での一覧表も取得できます。

ar      アラビア語
bg      ブルガリア語
cs      チェコ語
da      デンマーク語
de      ドイツ語
el      ギリシャ語
en      英語
es      スペイン語
fi      フィンランド語
fr      フランス語
hi      ヒンディー語
hr      クロアチア語
it      イタリア語
ja      日本語
ko      韓国語
nl      オランダ語
no      ノルウェー語
pl      ポーランド語
pt      ポルトガル語
ro      ルーマニア語
ru      ロシア語
sv      スウェーデン語
zh-CN   中国語(簡体)
zh-TW   中国語(繁体)

対応言語はときどき増えているようなので、ときどき確認が必要です。

※なお、HTML::TagParser は依存モジュールが少ないなどメリットもありますが、
 もう機能拡張作業をしていないので、新規開発用途にはあまりオススメしません。
 Web::Scraper を使っても同じことが実現できると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック