海外Wi-FiローミングはTrustiveよりBoingoの方が良さそう

コペンハーゲンで開催された YAPC::Europe 2008 に参加するため、
ヨーロッパに行ってきました。ようやく帰国したところ。
YAPC などについては、また別途レポートしていく予定です。

さて、日本もそうですが、海外でも空港や駅など Wi-Fi がとても普及
していて、電源コンセントさえ調達できれば、通信に苦労しなくなりました。
ひと昔前までは、ホテルの電話で国際通話をかけていたりしたのを考えると、
とっても手軽になったものです。

場所によっては暗号のかかっていない「勝手無線LAN」が使えてしまう所も
ありましたが、仕事で確実に繋げる必要があり、ローミング契約をしました。

候補になった Wi-Fi ローミングのプロバイダは、アメリカの空港などでも
よく見かけた Boingo と、今回初めて知った Trustive の2つです。
国内の NTTコミュニケーションズ 等は、月額費用に加えて海外ローミングでは
国ごとに1分あたりいくらといった従量課金がかかってしまうのに対し、
この2社なら、月額費用は定額で従量課金もないので安心して使えます。

Boingo はアメリカ発祥のサービスに対して、Trustive はオランダ企業らしい。
Boingo Global はアメリカを中心に世界10万箇所以上で使えて、月額 USD 39ドル(≒4,300円)。
Trustive World はヨーロッパを中心に世界4万箇所以上で使えて、月額 33ユーロ(≒5,300円)。
ただし、ヨーロッパ域外在住者は Trustive は VAT(付加価値税≒消費税)が免除で
実際には月額 23.42ユーロ(≒3,800円)になります。

今回は、ドイツ ⇒ スウェーデン ⇒ デンマーク ⇒ イギリスというルート。
ヨーロッパ企業の方が強そうかなと、安い Trustive を選択しました。
Trustive は、MyHotspotter というソフトが使えます。(使わなくてもOK)


これは手軽に使えて便利! と思ったんですが、使える場所が意外と少ない。(汗)
デンマークの空港や、イギリスの駅、飛行機の乗り継ぎの中国の北京首都国際空港も
ローミング選択で Boingo は選べるのに、Trustive は選べませんでした。
(アンテナの位置もあるかも? たまたまいた場所が Boingo のみ対応だったり?)

Trustive でも快適には使えましたが、Boingo の方がより使いやすかった模様。
たぶん、ローミング会社の役割は認証・課金だけなので、どちらを使っても
いったん通信が繋がった後の接続速度や安定性には関係なさそう。
次回は、Boingo を契約しておきたいと思います。

出発前に日本で事前契約もできるし、場所によっては、現地でその場でも契約可能かと。
日本国内の無線 LAN スポットも定額で使える のもウレシイ。
 
メモでした。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック