CentOS 4.7 に Subversion 1.5.4 をソースから入れる

CentOS 5.2 の Subversion は 1.5.4 だけど、
CentOS 4.7 の Subversion は 1.1.4 と古いため、併用時に△。
yum は諦めて、ソースから Subversion をインストールしてみた。

CentOS 4.7 では APR 0.9.4、APR-UTIL 0.9.4、Neon 0.24 あたりも古く、
Subversion 1.5.4 のためにはこれらもソースから入れる必要があった。

なお、個人的な趣味(安全策)で、ソースからインストールする場合は
/usr/local 直下でなくて /usr/local/subversion-1.5.4 のような
パッケージ名とバージョン番号入りのディレクトリに入れるように
しています。(複数バージョンがあっても安心)

以下、インストール手順のメモ:
sudo yum remove subversion

wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/apr/apr-1.3.3.tar.gz
wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/apr/apr-util-1.3.4.tar.gz
wget http://www.webdav.org/neon/neon-0.28.3.tar.gz
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.5.4.tar.bz2

tar zxvf apr-1.3.3.tar.gz
cd apr-1.3.3
./configure --prefix=/usr/local/apr-1.3.3 && make
sudo make install
cd ..

tar zxvf apr-util-1.3.4.tar.gz
cd apr-util-1.3.4
./configure --prefix=/usr/local/apr-util-1.3.4 \
--with-apr=/usr/local/apr-1.3.3 \
--with-berkeley-db && make
sudo make install
cd ..

tar zxvf neon-0.28.3.tar.gz
cd neon-0.28.3
./configure --prefix=/usr/local/neon-0.28.3 \
--with-ssl --enable-shared && make
sudo make install
cd ..

bunzip2 < subversion-1.5.4.tar.bz2 | tar xvf -
cd subversion-1.5.4
./configure --prefix=/usr/local/subversion-1.5.4 \
--with-apr=/usr/local/apr-1.3.3 \
--with-apr-util=/usr/local/apr-util-1.3.4 \
--with-neon=/usr/local/neon-0.28.3 \
--with-berkeley-db --with-ssl \
--without-swig --without-apache && make
sudo make install
cd ..

sudo ln -s /usr/local/subversion-1.5.4/bin/svn /usr/bin/svn
svn --version
svn, version 1.5.4 (r33841)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック