tripadvisor+expedia 海外ホテル検索・予約の最強タッグ

パッケージ・ツアーを使わずに、個人で海外旅行や出張するときは、宿探しに
HotelClub(ホテルクラブ)Priceline(プライスライン) を使ってきました。
直接ホテルのウェブサイトで予約したり、日本の旅行代理店に依頼するよりも安く、宿を予約できます。

今回のインド旅行の宿探しでは、2008年10月に日本進出した TripAdvisor(トリップアドバイザー)
最近広告を見ることが多くなった Expedia(エクスペディア)を使いました。(2宿で利用)


まず、TripAdvisor(トリップアドバイザー)でホテルを選びました。

TripAdvisor には、かなりマイナーなホテルでも複数投稿があり、
グローバル展開で世界から集まる圧倒的な量のクチコミ情報が魅力。
ネガティブなコメントには、ホテル側からの返信が入る場合もある。
多くの投稿は英語ですが、それほど難しい内容ではありません。

キャンペーン などで、日本語の投稿も少しずつ増えている模様。
元祖・旅行クチコミ本である 地球の歩き方 も、もちろん愛読していますが、
世界中の旅行者から集まる情報量とスピードには適わないですね。

TripAdvisor のもう1つの魅力は、バーティカルサーチ機能。
ホテルが決まったら、各予約サイトを串刺しにした価格比較が可能です。
予約サイトによって、若干、客室やプランが異なる場合があるので、
一番、条件の良いサイトを選んで、予約ができます。
とはいえ、実際には Expedia↓が一番安い価格を提示することが
多かったように思います。


Expedia(エクスペディア)では、ホテルの予約をしました。

日本のサイトでは円建て、米国のサイトではドル建ての決裁となります。
宿泊料だけでなく税金なども含めて、クレジットカードで事前に一括支払いを
済ませられるので、現地で面倒な精算が発生しません。
(もちろん、現地で利用したルームサービスや通話は現地払いになる)

家電量販店みたいな 海外ホテル最低価格保証サービス も安心。
確かに他サイトよりも安いので、他サイトを巡回する面倒がないのは気楽です。
Expedia は、リクルートの AB-ROAD の海外ホテル予約サイトとしても採用されています。
(ただし AB-ROAD の画面は、選択可能な都市数が限られるみたい…)


TripAdvisor は、旅行マップ(Travel Map) が作れるのも楽しい。
 
TripAdvisor・Expedia どちらも、グローバル展開による情報量・ラインナップが強みですね。
やっぱり国内だけをターゲットにしていたら、もう難しいわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

Ken
2009年01月23日 08:51
勉強になりました。
ありがとうございます。
坂本 理恵
2019年03月06日 10:15
ご担当者様

突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
弊社は広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

記事を見てご連絡させて頂きました。
広告掲載についてご相談させて頂きたいのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
sakamoto_rie@bridge-world.jp

この記事へのトラックバック