Flex 3 SDK + FlashDevelop で ActionScript 開発 (AS3)

PC がクラッシュしてしまい、急遽 FlashDevelop (Flash Develop) を
再セットアップしたので、「Hello, world!」するまでの手順メモ。



Flex SDK


Flex SDK による ActionScript のコンパイルには、Java が必要。
PC にインストールされている Java のバージョンを確認する。
http://java.com/en/download/help/testvm.xml
の画面で、「Java 6」と表示されれば、既に導入済みなので OK。
未導入なら、http://java.com/ja/download/ からインストールする。

Flex 3 SDK をダウンロードする。Stable Builds の最新版を利用。
http://opensource.adobe.com/wiki/display/flexsdk/Download+Flex+3
Flex 3 SDK Stable Builds 3.4.1.10084 Adobe Flex SDK の場合:
http://fpdownload.adobe.com/pub/flex/sdk/builds/flex3/flex_sdk_3.4.1.10084.zip

ダウンロードした ZIP ファイルは、C:\ 直下に展開する。
C:\flex_sdk_3.4.1.10084 というフォルダができる。
インストーラはないので、ただ単に ZIP ファイルを展開するだけ。

FlashDevelop


IDE の FlashDevelop の最新版をダウンロードする。
http://www.flashdevelop.org/
FlashDevelop 3.0.5 の場合:
http://www.flashdevelop.org/downloads/releases/FlashDevelop-3.0.5-RTM.exe

FlashDevelop の実行には、.NET Framework も必要になる。
Windows Vista の場合は、プリインストールされているが、
Windows XP の場合は、手動でインストールが必要かもしれない。

FlashDevelop をインストールまたは起動する際にメッセージが表示されたら、
.NET Framework をインストールする。
最新版のバージョン 3.5 をインストールすれば良い。(2.0 も含まれる)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/netframework/default.aspx

FlashDevelop を起動したら、以下の初期設定を行う。
Tools→Program Settings の画面を開いて、
Plugins→AS3Context→Language→Flex SDK Location に
『C:\flex_sdk_3.4.1.10084』を設定する。

次に、Plugins→FlashViewer→External Player Path に、
『C:\flex_sdk_3.4.1.10084\runtimes\player\10\win\FlashPlayer.exe』
を設定する。スタンドアロンの Player が SDK に添付されている。

Hello, world! する


Project→New Project で、AS3 Project を選択して、
適当な新しいフォルダ Location を指定して、
ファイルができたら、src\Main.as を開いて、

private function init(e:Event = null):void
{
    removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
    // entry point
    trace('Hello, world!');
}

赤字の1行を追加して、F5 キーでテスト実行して、
FlashDevelop の Output 欄に『Hello, world!』と表示されれば、成功。


この記事へのコメント

Samojlov23Nikolaj
2011年02月19日 02:02
только тут сладкие орешки почти даром

この記事へのトラックバック