Subversionサービス比較:Backlog・assembla・unfuddle

オープンソースなプロジェクトでは、github や Google Code で良いと思いますが、
クローズドなプロジェクトで使える Subversion レポジトリ・サービスを試したメモ。
 
Backlog - http://www.backlog.jp/license/asp.html
無料プラン:10MB
有料プラン:50MB(1,890円/月)、1GB(8,190円/月)など

assembla - http://www.assembla.com/plans
無料プラン:なし
有料プラン:100MB($3強/月)、2GB(24ドル/月)など

unfuddle - http://unfuddle.com/about/tour/plans
無料プラン:200MB
有料プラン:512MB($9/月)、2GB(24ドル/月)など

(※他にもオススメサービスがあったら教えてください)

Subversion の容量は、各ファイルを更新していった各リビジョンの
履歴ファイルも含んで計算するので、10MB ではすぐに足りなくなります。
本格的に使ってくると、500MB~1GB 超はすぐに必要になります。
(特に、画像ファイルや .swf .fla 系のファイルを含む場合)
レポジトリの移動は面倒なので、ある程度、安定して使えるところが良い。

特長


会社で使える予算があるなら、Backlog の上位プランがオススメです。
レポジトリ機能以外の、課題管理機能や Wiki 機能も非常に使いやすいです。
日本語の画面で使いたい、日本円で支払いたい場合は、確定かと。

assembla は、通信速度は少し速度が遅い気がします。
しかし、$0.3/100MB の従量課金がありがたいです。
Paypal で使った分だけ払えば良いのも良心的です。
支払いを止めても、commit 系ができないだけで、update 系は利用可能。

unfuddle は、無料プランが大容量なので、
まずは無料で始めたい初期プロジェクトにはオススメです。
EC2 へのダンプ・バックアップ機能があります。
カスタマーサポートも良い感じでした。(英語)

結論


会社でチームで使うなら Backlog、個人ならまずは unfuddle。

(参考記事)
[Subversion] Google Code でホスティング+TortoiseSVN の使い方

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ueblog
2010年06月01日 00:55
はじめまして。
beanstalkというレポジトリもあります。
http://beanstalkapp.com/
無料で100Mです。gitもいけます。

この記事へのトラックバック