[Ajax] CGI不要の郵便番号→住所変換フォーム

AjaxZip 2.0は、昨年公開した『ajaxな住所入力フォーム』の新バージョンです。
郵便番号を入力すると、該当する都道府県名・住所が自動的に入力されます。
AjaxによるXHR通信と JSON フォーマットを利用したフォームです。
JavaScript のみで稼動するため、サーバサイドで稼動するCGIプログラムは不要です。
郵便番号→住所変換処理は全てクライアントサイドのJavaScriptで行います。
既存 HTML の住所入力フォームをたった3行書き換えるだけで利用できます。


タネ明かしをすると、この新バージョンのポイントは、郵便番号辞書CSVファイルを
1,000ファイル弱のJSONフォーマットに分割している点です。
前バージョンでは、郵便番号辞書を予め Berkeley DBファイルに格納しておき、
フォームから入力された郵便番号を Perl CGI で検索していました。
今回はJSONフォーマットを採用することで、JavaScriptから郵便番号辞書ファイルを
ブラウザに直接ダウンロードして利用できます。
分割したJSONファイルの容量は最大でも46KBと小さいため、検索動作も軽いです。
レンタルサーバや、セキュリティ基準の厳しい企業ウェブサーバなど
自由にPerl CGIが利用できない環境でも、導入が可能になりました。

こちらで実際の動作を確認できます。お試しあれ。

////

日本中の全ての住所入力フォームにこのような自動入力の仕組みが導入されて、
住所入力時の手間が省けるようになったら楽しいですね♪

"[Ajax] CGI不要の郵便番号→住所変換フォーム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント