iPhone・iPad のソフトウェアキーボードのサイズ・縦横比まとめ

iPhone・iPad のソフトウェアキーボードのサイズは機種ごとに固定で、
どの言語でも同じサイズ・縦横比になります。表にまとめておきます。

機種向き標準DPIRetina縦横比備考
iPhoneportrait(縦向き)320×216640×4321.48:1.0
landscape(横向き)480×162960×3242.96:1.0
iPadportrait(縦向き)768×2642.91:1.0予測変換部:高さ54px
landscape(横向き)1024×3522.91:1.0予測変換部:高さ54px

iPad で、ポートレイト・ランドスケープともキーボード部の縦横比が決まっているのは、有り難い。
iPhone のランドスケープ時と、iPad の縦横比がほぼ同じだったのも意外。
つまり iOS 系デバイスはこの2パターンを想定しておけば良さそう。
さすが integrated なのでバリエーションが少なくて助かります。w

対して、fragmented な Android は Input Method ごとにソフトウェアキーボードの
サイズが異なります。それだけ柔軟・最適なキーボードを実現できるメリットもありつつ、
アプリ開発者の立場としては、勘弁して欲しくなります。

Flash の場合


AIR 2.6 からは、ActionScript からも stage.softKeyboardRect プロパティで
ソフトウェアキーボードのサイズが取得できるようになるそうです。わーい。
BETA ActionScript 3.0 Reference for the Adobe Flash Platform参照

英字キーボードの例


iPhone Portrait(縦)320×216

iPhone Landscape(横)480×162

iPad Portrait(縦)768×264

iPad Portrait(横)1024×352



iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック
オライリージャパン
吉田 悠一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by iOS SDK Hacks ―プロが教えるiPhoneアプリ開発テクニック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"iPhone・iPad のソフトウェアキーボードのサイズ・縦横比まとめ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント