[Windows] WinSSHDでWindows XPにsshで接続する/VSEE

塚本さんのところで、無償配布のVisual Studio Express Editionsを使って
CPANのモジュールインストールができるようになった話を聞いて、
さっそくVC++をインストールしてみました。
オプション選択では、MSDN と SQL Server は外してインストール。

PATH


僕の環境では、パスは『C:\PROGRA~1\MICROS~4\VC\BIN』になりました。
“MICROS~4”の部分、特に数字は環境によって変わると思います。
これで nmake にパスが通ったのを喜んでいましたが、
cmd.exe のシェルはやはり使いにくいです。

そこで見つけたのが、Bitvise WinSSHD。
http://www.bitvise.com/download-area.html
30日間試用できる、Windows 用の SSH サーバです。
インストール・設定も簡単でした。

Start WinSSHD


[Start WinSSHD] のボタンを押すだけで、sshd が起動します。
TeraTerm (TTSSH) からも 127.0.0.1 で接続できます。
文字コードは Shift_JIS に設定します。

Hello, World


お約束で、hello.c もコンパイルできました。
cl でコンパイルする前に、
C:> C:\PROGRA~1\MICROS~4\VC\BIN\VCVARS32.BAT
を実行しておくのがキモらしいです。

と思ったら、ssh 経由でログインしてもシェルは cmd.exe のままですね。
bash とかが使えないと、意味ないことに気付いた。

Perl(ActivePerl)は↓から最新版に更新したけど、なぜか CPAN が通らない。
http://www.activestate.com/Products/Download/Download.plex?id=ActivePerl
LWP::UserAgent も Net::FTP も外部への通信ができていない模様。原因不明。
やっぱり、coLinuxMac OS X を使ったほうが楽だ。
SFU (Windows Services for UNIX 3.5) ってどうなんだろう。
これかもっと古いバージョンを昔試したことがあったけど、2004年以降更新されてない?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2006年04月27日 00:49
Cygwinにもsshd->bashがありますよん

この記事へのトラックバック