RamPhantom7でブラウザキャッシュをRAMディスクに(Vistaはmklink)

RAM ディスクにウェブブラウザのキャッシュを置く理由は、
(1) ページ再描画時の表示速度が速くなっているような気がする
(2) ディスクアクセスが減って、バッテリの持ちが良くなる気がする
(3) HDD の断片化を防止して、SSD プチフリーズを低減できる気がする
(4) 32bit Windows は 3GB を超えるメモリは使えないので有効活用
といった目的がある。

メモリを 4GB 以上搭載している場合は、(4) が十分な理由になる。
メモリが 2~3GB の場合も、ぜひ (1)~(3) が気になる方はオススメ。

RAM ディスクはいくつかフリーソフトもあるが、IO-DATA の RamPhantom は
メーカー製で日本語メニューで分かりやすく、安心して使ってます。
2009年10月26日に、RamPhantom3 から新バージョン RamPhantom7 が登場した模様。
http://www.iodata.jp/product/hdd/soft/ramphantom7_32bit/index.htm

今回、Windows Vista に RamPhantom7 をインストールしました。
使い方は、RamPhantom 3 と RamPhantom 7 で同じです。
Windows 7 に対応したから、7 という名前を付けたのかな。


RamPhantom7 をインストールして、RamPhantom7 ユーティリティを起動。
今回のキャッシュ用途なら、RAM ディスク容量は 128MB でも十分。


次に[プロパティ]を開いて、[インターネット一時ファイル]のタブで
インターネット一時ファイルを RAM ディスクに設定
のチェックボックスを ON にするだけで、RAM ディスク上にブラウザの
キャッシュを設定してくれます。(ブラウザ側の操作は不要)
ただし、IE・Firefox を終了させた状態でないと、変更できないので注意。

Google Chrome の場合


Google Chrome は、RamPhantom7 では設定ができません。
Google Chrome の設定画面にもキャッシュ置き場の指定がありません。
代わりに、RAM ディスクへのジャンクション(リンク)を作成します。
Google Chrome を終了してから、コマンドラインで以下のコマンドを実行します。

cd C:\Users\[ユーザ名]
cd "Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default"
rename Cache Cache~
mklink /J Cache M:\Cache
dir Cache

デフォルトの Cache フォルダは、Cache~ として残しています。
mklink /J により、ジャンクションを作成しています。
Vista では junction.exe でなく、標準の mklink.exe が使えて便利ですね。

キャッシュ置き場まとめ


RamPhantom による RAM ディスクを M: ドライブとすると、
各ウェブブラウザのキャッシュファイルの置き場は以下になります。

M:\Temporary Internet Files - IE用
M:\Cache\Cache - Firefox用
M:\Cache - Google Chrome用

なお、「M:\Temporary Internet Files」は、デフォルトでは不可視です。
「M:\Cache」フォルダは、RamPhantom が自動的に作成してくれます。
Google Chrome 用のフォルダ内に Firefox 用のフォルダが入れ子になります。




I-O DATA RamPhantom メモリー領域 RAMディスク化ツール RAMPHANTOM
アイ・オー・データ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック